5 保険外交員報酬と最低賃金・保障給

外交員報酬を論ずる上で、労働基準法上特に重要な条文は、第28条(最低賃金)と第27条(出来高払制の保障給)の2箇条です。

1 最低賃金の保障 

埼玉県の最低賃金は平成26年8月現在、1時間当たり785円です。

特別の場合を除いて、これを下回る賃金で労働させることはできません。

保険代理店においても特に保険の募集成果が乏しい社員、特に入社間もない外交員等の場合には注意が必要です。

詳しい説明は省略しますが、“最低賃金のチェック方法”を知りたい方は次のURLをクリックしてください。

http://pc.saiteichingin.info/point/page_point_check.html

 

2 出来高払制の保障給

労基法第27条は「出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。」と規定しています。

よく、完全歩合給制(フルコミッション制)は、違法か適法かが議論になります。

ある人は、完全歩合給制は、労働時間に応じて一定額以上の賃金を保障できない場合(極端な場合、成果がゼロならば賃金もゼロとなる)があるから違法だといい、

ある人は最低賃金と第27条の保障給を保障すれば、完全歩合給制は合法だといっているのです。

両者とも同じことを言っているわけで、

楠瀬流に言えば「最低賃金と労基法第27条をクリアするように賃金制度を作ればよい。」、

これを「完全歩合給制(フルコミッション制)と呼びたければそう呼べばいい。」ということになります。

注意すべきは、完全歩合給制でなくても、歩合給制においては固定給が60%以上を占める場合を除き、“固定給+歩合給”で、労働時間に応じて一定額(換言すれば1時間当たりの賃金について一定額)を保障しなければならないということです。

つまり、多くの場合、歩合給を導入する限り、保障給の問題は避けて通れない問題だということです。

では、いくらを保障すればいいかが次の問題となりますが、法の定めはありません。

よって、「1時間当たりの最低賃金を保障すればいい。」という人もいますが、

厚労省の解釈例規には「少なくとも平均賃金の60%を保障することが妥当」とあります。

ただし、この例規に強制力はありません。

誤解を恐れずに大胆に申すならば、「平均的な月額賃金が50万円の人なら、30万円以上となるよう保障すべきというのが解釈例規の考え方である」ということになりましょう。

結論として、保障給をいくらとすべきかは、労使で決めればいいのですが、上述の厚労省の見解(解釈例規)を参考にするのがよいでしょう。

 

3 代理店の対応策

保険募集人にはどの代理店も歩合給制を適用するでしょう。

これを前提に本記事の論点を整理すると、

① いかなる場合にも、最低賃金をクリアするように賃金制度を設計しなければならない。

② 歩合給制を採用する場合は、保障給を適切に定めなければならない。

ということになります。

→ 保険外交員の賃金トップはこちら

→ 歩合給制賃金の解説はこちら


 

 

<ブレイクタイム(ひと休み)!>

助成金社労士を 
  「ドア・ノック商品」として
       使ってみませんか?

コーヒー3
__sozai__/0003960.jpg

セールスには絶対の自信があるのに
「アポが取れない!」
それであなたは困っていませんか?

そう!会社のトップに会えなければ、商談はまず成功しません。

続きをご覧になりたい方は、

→ ドア・ノック商品

 ▼▼ 保険外交員の賃金!

 社長のご下問・悩みに応えます。

      ご相談は、楠瀬労務管理オフィス ▼▼

 TEL : 048-783-7888  Go!
 受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日を除く)
 担当 : 楠瀬貞義(くすのせ さだよし)

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
048-783-7888

担当:楠瀬(くすのせ)

受付時間:9:00~17:00
定休日:土日祝祭日

主として従業員30人以下の中小企業を支援する埼玉の社会保険労務士

“労務管理がやりたくて起業したのではない!”そんな社長のための 社会保険労務士 楠瀬労務管理オフィス(埼玉県さいたま市)
労働時間や賃金の管理、問題社員への対応、労働・社会保険の手続・管理、行政への対応など、小さな会社を懇切丁寧に支援します。
助成金の申請もお任せください。

対応エリア
さいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、川越市などを中心に埼玉県内各地

無料相談実施中

経営者様及びそのスタッフの方からの初回のご相談は無料です

048-783-7888

<受付時間>
9:00~17:00
※土日祝祭日は除く

  • 人事・労務全般

  • 労働時間・休暇等

  • 賃金管理

  • 労使トラブル

  • 助成金申請

  • 労働・社会保険

  • その他の記事

  • 無料相談・お問合せ等

ごあいさつ

ソリューション型社会保険労務士の楠瀬です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

楠瀬労務管理オフィス

住所

〒331-0825
埼玉県さいたま市北区
櫛引町2-509-42

アクセス

埼玉新都市交通(ニューシャトル)鉄道博物館駅より徒歩8分

営業時間

9:00~17:00

定休日

土日祝祭日

助成金申請は、
おまかせください。

各種簡易診断
実施中(無料)!

簡易診断キャラ.jpg
社会保険調査対応診断
助成金簡易診断
就業規則簡易診断

主な業務地域

大宮、さいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、川越市を中心に埼玉県全域