労働時間管理の基礎

楠瀬労務管理オフィスへのホームページへの来訪者を観察しますと、中小企業の多くの方が労働時間なかんずく時間外労働時間の管理に苦労しておられる様子が伺えます。

ただし、労働時間制度の設計・管理は容易ではなく、慣れるまでは専門家(社会保険労務士)の助言をうるのが近道です。

小さい会社でも人を使う以上は労務管理の担当者、できればその専門家が必要です。でも専門家1人を雇う必要性はありません。

0.1人とかその半分の0.05人雇うという発想で社労士と顧問契約を結ぶ事をお勧めします。

顧問料は社労士により様々ですが、リーズナブルな料金で援助を得られる社労士を探してください。

それでは、ここでは労働時間管理を理解する上で不可欠な重要用語を解説します。

最低限の用語ですので是非理解してください。

1 法定労働時間

労働基準法で定められた労働時間をいいます。

労基法第32条は、1週間40時間1日8時間を超えて労働させてはならないと定めています。

36協定や変形労働時間制などの例外措置を講じない限り、原則としてこれを破ることはできません。

2 所定労働時間

契約(就業規則)で定めた労働時間をいい、契約上の賃金額決定の基礎となる時間です。

多くのサラリーマンは、AM8時(9時)からPM5時(6時)までの時間のうち、休憩(多くは1時間)を除く8時間です。

ただし、所定労働時間が7時間の職場などもあります。

3 時間外労働

法定労働時間を超える労働をいいます。

原則的な取扱いとしては、1日8時間、1週間40時間を超える労働時間が時間外労働です。

法定労働時間を超える労働時間ですので、所定労働時間が7時間の職場で、8時間労働しても時間外労働はありません。

4 法内超勤(法定内残業)

所定労働時間を超え、法定労働時間を超えない残業をいいます。

例えば、所定労働時間が7時間の職場で、8時間労働した場合、法内超勤1時間となります。

5 残 業

時間外労働と法内超勤(法定内残業)を総称して残業といいます。

6 実労働時間主義

労働時間をカウントする場合は、実労働時間をカウントします。

即ち、所定労働時間8時間の職場で、午前中4時間休暇をとった者がPM1時〜PM9時まで労働しても、実労働時間は8時間ですので、時間外労働はありません。ただし、法内超勤が4時間あります。

同様に土日が休日の職場で、平日に1日休暇を取得し、土曜日に8時間労働した場合もこの週の実労働時間は40時間ですので、時間外労働はなく、法内超勤が8時間となります。

変形労働時間制の場合については別に述べます。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
048-783-7888

担当:楠瀬(くすのせ)

受付時間:9:00~17:00
定休日:土日祝祭日

主として従業員30人以下の中小企業を支援する埼玉の社会保険労務士

“労務管理がやりたくて起業したのではない!”そんな社長のための 社会保険労務士 楠瀬労務管理オフィス(埼玉県さいたま市)
労働時間や賃金の管理、問題社員への対応、労働・社会保険の手続・管理、行政への対応など、小さな会社を懇切丁寧に支援します。
助成金の申請もお任せください。

対応エリア
さいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、川越市などを中心に埼玉県内各地

無料相談実施中

経営者様及びそのスタッフの方からの初回のご相談は無料です

048-783-7888

<受付時間>
9:00~17:00
※土日祝祭日は除く

  • 人事・労務全般

  • 労働時間・休暇等

  • 賃金管理

  • 労使トラブル

  • 助成金申請

  • 労働・社会保険

  • その他の記事

  • 無料相談・お問合せ等

ごあいさつ

ソリューション型社会保険労務士の楠瀬です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

楠瀬労務管理オフィス

住所

〒331-0825
埼玉県さいたま市北区
櫛引町2-509-42

アクセス

埼玉新都市交通(ニューシャトル)鉄道博物館駅より徒歩8分

営業時間

9:00~17:00

定休日

土日祝祭日

助成金申請は、
おまかせください。

各種簡易診断
実施中(無料)!

簡易診断キャラ.jpg
社会保険調査対応診断
助成金簡易診断
就業規則簡易診断

主な業務地域

大宮、さいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、川越市を中心に埼玉県全域